【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 V

【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 I
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 II
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 III
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 IV

車のダウンサイジングについてですが、ディーラーに1度足を運んで実車を確認して以来、何も進んでいません…
子供たちに試乗車の後部座席に乗った感想などを聞くと、意外とフィットの人気が高いんですよね。後部座席の足下が広いことや、車高が高いために開放感が高かったようです。外観についても、フィットの方がかっこいいと言っています。私はアクセラスポーツの方がかっこいいと思うのですが、人と同じ車は嫌だという気持ちがそうさせているのでしょうか… その点、子供は正直です。

さて、これまでMT車で必要最低限のスペースを持つ車ということでフィットとアクセラスポーツに候補を絞っていたのですが、先日ふとDCT(Dual Clutch Transmission)はどうだろうと思いつきました。
DCTとはクラッチが2個あって…って私が説明したところでわかりませんよね。私の説明でわかる方はもともとご存じでしょうし、ご存じでない方は私のつたない説明では理解いただけないかと… まあ、簡単に言うとクラッチ操作のいらないMT車って感じです。
利点はクラッチ操作が不要なため、発進や変速が簡単であること。AT限定免許でも運転できること。思い通りのタイミングで変速できるため、AT車のように自分の思うタイミングと違うところで変速したり、CVT車のようにエンジンの回転数と車速の変化に違和感を感じたりすることがないこと。比較的パワーの伝達効率が高いことなどなど。
逆に欠点は価格が高くなってしまうことでしょうか。

ちなみに最近のスーパースポーツのほとんどはこのDCTを搭載しています。

AT限定免許でも運転できるので、妻が限定解除を行う必要はありませんし、ロードバイクに乗る人間なので変速のタイミングはすぐにつかめると思います。
また、私も好きなギヤを選びながら、ストレス無く運転を楽しむことができそうです。

しかし、問題となるのはDCTを採用している車があるかどうか?
DCTは高価なため、小さな車でDCTを積んでいる車があるかどうかが問題です。
特に日本では普及が進んでいないため、該当しそうなのはフィットハイブリッドぐらい…
しかも、マニュアルモードに固定できそうにないので、私が求めているものとはちょっと違うかなぁ?

せっかくいいところを突いたと思ったんですが…


トミカ No.66 Honda フィット(箱)
タカラトミー
2015-05-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トミカ No.66 Honda フィット(箱) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック