【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 III

【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 I
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 II

寒くて出かけるのが億劫だったので(?)、マツダのお店に行ってきました。
買い替え時期は未定なので、ディーラーに足を運ぶのはもう少し先にする予定だったんですけどね…

机上で検討していた時には本命がフィットRSだったので、まずはライバルとなるマツダの車から先に見ることにしました。

始めに見せていただいたのはデミオ
ラゲッジルームはまぁ及第点かなぁといった感じでしたが、後部座席の膝周りは身長179cm、脚は短めの私では少し窮屈に感じました。子供たちの背が順調に伸びてくれたらちょっと困ったことになるかな?

次にアクセラスポーツ
まず、ラゲッジルームの広さに驚きました。それもそのはず、現在乗っているアウトランダーとアクセラスポーツの全長は170mm、荷室長は106mmしか変わらないようです。子供たちも大きくなって、もうベビーカーなどを積む必要も無くなりましたので、必要十分以上のサイズです。荷室高がもう少しあれば趣味の自転車も積めるのですが、まぁそれは高望みですね。
後部座席の膝周りも余裕があります。セダン、ハッチバックの後部座席の居住性がどれくらいが標準なのかわかりませんが、少なくとも窮屈とは感じませんでした。

私が考えているMT車ではなくAT車でしたが、試乗もしてきました。
始めはエンジンの吹け具合やブレーキのタッチなど違和感を感じましたが、すぐに慣れることができました。ただ、アウトランダーはCVTなので、AT特有のエンジン回転数の変化には最後まで慣れることができませんでした(回転数によってトルクやパワーが変化しますからね)。まぁ、MTであれば自分で変速するので、すぐにエンジン特性に慣れるのでしょうが。
素晴らしいと思ったのがハンドリングと振動の減衰性。ハンドリングは正にオンザレール。ハンドルの切り角を修正しなくても、狙ったラインに車を進めることができます。また、路面の凹凸は正確に伝えてくれるのですが、大きな入力は角が取れていますし、減衰性が高いため1発の入力があった後、2発、3発と振動が続くことはありません。タイヤの接地感も高いので安心して走ることができます。
ドアを閉める時の音や遮音性なども高級感があって、(10年前の)アウトランダーとどちらが高価なのかわからなくなっちゃいました。

ざっくりと見積りを出してもらったのですが、ダウンサイジングしたことが手伝って、オプションで少し遊ぶことができそうです。
エアロパーツの色についても少し話を伺ったのですが、ボディー同色や、差し色が入ったパーツだと、そこに目が行くため、エアロパーツに注意を引くような見た目に。黒にすると、一見普通な車だけど、よく見るとエアロパーツを付けているのね、というさりげない仕上がりになるそうです。これはいいことを聞きました。

ホンダのフィットも見てみるつもりですが、早くもアクセラスポーツに気持ちが傾いてしまいました。


トミカ №062 マツダ アクセラスポーツ (箱)
タカラトミー
2010-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トミカ №062 マツダ アクセラスポーツ (箱) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック