【読書】内田康夫『他殺の効用』

内田康夫さんの『他殺の効用』を読みました。

内田康夫さんには珍しい短編集で、5作品が収録されています。
その内、浅見光彦が登場するのは2作品です。

短編集ということもあり、駆け足で話が進んでいく感がいがめませんが、むしろ濃密なストーリーでなかなか面白いです。
結末まで練られた上でストーリーが展開しているようで、フィナーレまでまっしぐらって印象を受けました。
また、その結末が少し捻られていて、これも長編ではなかなか見られないパターンです。

内田康夫さんの違った一面を見ることができた気がします。


他殺の効用 (中公文庫)
中央公論新社
2011-07-23
内田 康夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 他殺の効用 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック