【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中VII

【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 I
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 II
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 III
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 IV
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 V
【クルマ】自家用車のダウンサイジングを検討中 V

車のダウンサイジングを検討中と言いながら、2月からさっぱり進んでいない次の車選びですが、候補としてトヨタ『カローラスポーツ』が加わることになりそうなので、寸法等について調べてみました。
(現在の有力候補であるホンダ『フィットRS』の値も併記しておきます)

●トヨタカローラスポーツG“Z”(FF/6MT/5人乗り)
 - 全長: 4,375mm
 - 全幅: 1,790mm
 - 全高: 1,460mm
 - ホイールベース: 2,640mm
 - 車両重量: 1,330kg
 - 最小回転半径: 5.3m
 - 荷室長(5名乗車時): 810mm
 - 荷室長(2名乗車時): 1,590mm
 - 荷室幅(ホイールハウス間): 950mm
 - 荷室高: 770mm

●ホンダフィットRS(FF/6MT/5人乗り)
 - 全長: 4,045mm
 - 全幅: 1,695mm
 - 全高: 1,525mm
 - ホイールベース: 2,530mm
 - 車両重量: 1,070kg
 - 最小回転半径: 5.2m
 - 荷室長(5名乗車時): 680mm
 - 荷室長(2名乗車時): 1,510mm
 - 荷室幅(ホイールハウス間): 1,020mm
 - 荷室高: 860mm

方や3ナンバーサイズのハッチバック、方や5ナンバーサイズのコンパクトカーということで、車の大きさは『カローラスポーツ』が大きいですが、荷室のサイズは『フィットRS』の方が大きいようです。
特に、ロードバイクを積みたい私としては荷室幅と荷室高が重要となります。
『カローラスポーツ』の荷室サイズでは2列目のシートを残したまま荷室にロードバイクを乗せることは難しそうです。
袋に入れて2列目の足元に入れるか、ルーフに乗せるかになりそうですね。

総合的に見ても、依然『フィットRS』がリードかな?
って、いつ買い換えるんだって話ですが…





ニューモデル速報 第485弾 新型フィットのすべて
三栄書房
2015-03-18
三栄書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック