【クルマ】FIA F2選手権第10戦で牧野任祐選手が優勝

FIA F2選手権の第10戦イタリア レース1でロシアンタイムから参戦している牧野任祐選手が優勝しました。

予選は14位と出遅れたものの、1周目で8位までジャンプアップ。4周目には3位に上がり、30周のレースのうち、残り3周までピットを引っ張った牧野選手は2位に2秒以上の差をつけてコースに復帰しました。

F2選手権はフォーミュラーカーで行われるFIA(国際自動車連盟)2番目のカテゴリ。しかも、基本、最上位カテゴリであるF1のサポートレースとして開催されるため、F1関係者の目の前でレースを行うことになります。そんなF2に牧野任祐選手はホンダの育成ドライバーとして今年から参戦しています。

ホンダは現在トロロッソチームと組んでF1に参戦していますし、来年からはレッドブルにもエンジンを提供することになっています。つまり、来年ホンダがエンジンを提供しているチームのシートは4つあるわけですから、ホンダの育成ドライバーとして、F1の下位カテゴリーに参戦しているドライバーはF1のシートに近い位置にいるというわけです。
ここで結果を残してホンダの後押しを受け、チームを納得させることができれば…
なんだか夢が広がってしまいますね。


F1速報 2018年 9/20号 第14戦 イタリアGP
三栄書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック