【クルマ】アルファロメオ『ステルヴィオ』『ジュリア』にディーゼルモデル追加

アルファロメオがSUV『ステルヴィオ』とスポーツセダン『ジュリア』に2.2Lディーゼルターボエンジンモデルを追加し、4/6に発売すると発表しました。

このエンジン、環境に配慮したクリーンディーゼルであると同時に、アルファロメオは「スポーツディーゼル」と呼んでいるようです。

両車に搭載されるエンジンは基本的に同じものだそうですが、車に合わせたチューニングがされているようです。
『ステルヴィオ』に搭載されるエンジンは最高出力210[PS]と最大トルク470[Nm]となっています。ガソリンエンジンモデルが280[PS]、400[Nm]ですからトルクに富むディーゼルエンジンの特性が活かされているのかなといった印象です。

また、『ジュリア』に搭載されるエンジンは最高出力190[PS]と最大トルク450[Nm]を発生します。
こちらのガソリンモデルは200[PS]、330[Nm]と、280[PS]、400[Nm]の2つのエンジンなので、やはりトルクの太さが目を引きます。
やはりこのあたり、ディーゼルエンジンの特性を引き出しているんでしょうね。

ちなみに『ステルヴィオ クアドリフィリオ』と『ジュリア クアドリフィリオ』の最高出力は510[PS]、最大トルクは600[Nm]ですので、ちょっと別格ですね(価格を含め)。

低回転からトルクが出ているそうなので、ぜひ1度乗ってみたいな♪なんて思っています。

なお、価格は『ステルヴィオ』が619万円(ガソリンエンジンモデルが655~691万円、クアドリフィリオが1167万円)。『ジュリア』が556万円(ガソリンエンジンモデルが446~543万円、クアドリフィリオが1132万円)だそうです。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック