【クルマ】[SUPER GT]D’station Racingがアストンマーチンで参戦

元大リーガーの佐々木主浩が総監督を務めるD’station Racingが、今シーズンは『アストンマーチン・バンテージGT3』を使用してSUPER GTのGT300クラスに参戦することが発表されました。

アストンマーチン・レーシングと長期パートナー契約を結び、チーム名も「D’station Racing AMR」となるそうです。

使用する新型『アストンマーチン・バンテージGT3』は2019年からデリバリーが始まるもので、アジアでは初となるそうですよ。

ドライバーは昨年同様藤井誠暢選手と、昨年までGT500クラスをドライブしていたJ・P・オリベイラ選手。そして第3ドライバーにはアストンマーチンのワークスドライバーであるダレン・ターナー選手が名を連ねています。

今年のGT300クラスはハイレベルな争いになりそうですね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック