【クルマ】[アルファ147]ラゲッジマットにヒールパットを取り付け

昨年末に購入した中古のアルファ ロメオ『147』は、運転席のフロアマットに破れがありました。

アルファ ロメオ 147 ヒールプパット

運転中に踵がすれてすり切れたのでしょうが、このままだと引っ掛かったりする恐れもあり、危険があると判断。
でも、運転席だけの純正のフロアマットというのはなかなかありませんし、他の部分は綺麗なのですべて交換するというのも…

そこで、踵を置く部分にヒールパットを取り付けることにしました。

初めは自作しようかとも思ったのですが、思うような材料が手に入らなかったのと、商品として売られているものがどういったものなのかをちゃんと確認せずに自作するのもどうかなぁと思って購入することにしました。
といっても、とっても安物なのですが…





価格が価格のためもっと安っぽいかと思いましたが意外としっかりとした作りでした。

取り付けにあたってはまず自分が足を置く位置を確認。
購入したヒールパットはフロアマットの裏側からネジ止めする形だったので、型紙を作って穴を開ける場所を決めました。
穴を錐であけ、裏からネジを差してプレートの裏側に付属のネジで締め付けました。
型紙通りに穴をあけたため、問題なく取り付けることができました。
しっかりと締め込んでおいたため外れる心配も無さそうです。

アルファ ロメオ 147 ヒールパット

実際に運転してみると…
特に何も感じませんでした。というとネガティブなコメントに見えてしまうかも知れませんが、ヒールパットを取り付けたことで違和感などを感じることはありませんでした。
踵は滑ることもなく、引っ掛かることもなくと良い感じ(雨の日に車に乗り込む時に若干滑るかな?)。
もう少し踵が滑らないのかと思っていましたが、ヒールパットの"平均値"ってどれぐらいなんでしょうね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック