【読書】赤川次郎『幽霊恋文』

赤川次郎さんの『幽霊恋文』を読みました。

「幽霊シリーズ」の22作目にあたるそうです。

デビュー作の『幽霊列車』も好きですが、このシリーズは多くの作品が好みですね。

主人公の宇野警部は40歳という設定。
このシリーズを読み始めた頃は中年という設定がしっくりきていたのですが、いざその年齢に自分が近づいてみると「自分はもっと若い!」と思えてしまいます…
でも、あの落ち着きっぷりは私にはまだ無いかな?


幽霊恋文 (文春文庫)
文藝春秋
2016-04-08
赤川 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック