【読書】赤川次郎『幽霊審査員』

赤川次郎さんの『幽霊審査員』を読みました。

赤川次郎さんが小説家としてデビューした『幽霊列車』から数えてシリーズ25冊目の作品となります。

この「幽霊シリーズ」は特に変わったキャラクター設定でもないのに安定した面白さがあるんですよね。

本作品には7編の短編が収められていますが、どれもテンポ良く話が進んでいって読みやすかったです。


幽霊審査員 (文春文庫)
文藝春秋
2018-01-04
赤川 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック