【クルマ】オールシーズンタイヤ・ミシュラン『クロスクライメート』のインプレッション

ミシュランのオールシーズンタイヤ『クロスクライメート』に履き替えて1ヶ月が経ちましたので簡単にインプレッションでも残しておきたいと思います。

と言っても、暖かくなってから履き替えたので1番気になる雪上性能は次のシーズンまで待たなければならないのですが…

ミシュラン クロスクライメート

履いているタイヤのサイズは205/55R16、車両はアルファ ロメオ『147』です。
ちなみに履き替える前(私が車を入手した時)は4シーズン目のスタッドレスタイヤを履いていました。

まずドライ路面での性能ですが、通常の走行を行う限りにおいては、コーナーリング、ブレーキングともに不満はありません。
タイヤを履き替える前はアンダーステア傾向の挙動を示していましたが、それがすっきりと解消されていました。
「雪も走れる夏タイヤ」をうたっているだけのことはありますね。

振動吸収性も良い方だと思います。路面の凹凸は拾うのですが、それが嫌な振動として伝わってきません。
ハンドルやシートから路面の状態が的確に伝わってくるといった感じです。

タイヤノイズも静かな方だと思います。
純正タイヤと比較できないのでなんなのですが、以前履いていたスタッドレスタイヤよりも断然静かです(当たり前か…)。


続いてウェット性能。
ブレーキング性能に不満はありませんが若干アンダーステアが出ます。
十分に減速してコーナーに入る時は良いのですが、少しオーバースピードでコーナーに進入するとアンダーステアが出ましたが、十分に対応できる範囲内といったところです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック