【読書】赤川次郎『泥棒に追い風』

赤川次郎さんの『泥棒に追い風』を読みました。

「夫は泥棒、妻は刑事シリーズ」の第16弾だそうです。

独り暮らしのお年寄りが殺害され、しまってあった現金100万円が持ち去られる事件が発生します。
現金を持ち去ったのは目下失業中の有田広一なのですが、殺害はしたのは別人。
有田が老人の葬儀に訪れたことをきっかけに、裏社会に通じた企業H興産の女社長清原さつきの秘書として雇われることに。
殺害された老人はさつきの父親なのですが、さつきは何を考えているのか…

やがて、話は大規模な武器密輸取引へと展開していきます。

このシリーズの核にもなっている淳一と真弓の仲の良さ、夫婦の絆がよく現れている作品だと思いました。


泥棒に追い風 (徳間文庫)
徳間書店
2010-11-05
赤川次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック