【読書】内田康夫『「首の女」殺人事件』

内田康夫さんの『「首の女」殺人事件』を読みました。

浅見光彦の小中学校時代の同級生で、初恋の相手(?)の野沢光子が初めて登場します(野沢光子は『終幕のない殺人』、『遺譜 浅見光彦最後の事件』にも登場)。

光子が姉の勧めで行った高村光太郎・智恵子展で、蝉の彫刻を見て「違う!……」と言った男性が福島県で殺害され、さらに一緒に行った男性は島根県で殺害されます。

光彦は光子姉妹から依頼され、探偵役として事件に関わることになります。

事件の方は複雑というか、何がどう繋がっているのかよくわからなくて少々退屈になってしまいました。

高村光太郎の彫刻「蝉」が1つの鍵になっているのですが、この「蝉」、本当に生きているみたいなんです。
もしお時間があれば画像検索してみてください。


「首の女」殺人事件: 〈新装版〉 (徳間文庫)
徳間書店
2014-04-04
内田 康夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック