【読書】赤川次郎『幽霊法廷』

赤川次郎さんの『幽霊法廷』を読みました。

「幽霊シリーズ」には珍しく長編作品となっています。

宇野警部が偶然殺人事件の現場に居合わせ、誤って犯人を射殺してしまうところから物語が始まります。

その行為を咎められることはありませんでしたが、宇野警部の彼女夕子の友人が人質に取られ、「真相が葬り去られようとしている」との電話が。
1週間という期限の中、宇野警部と夕子は事件を再調査します。

どこからどう見ても真実が覆りそうにない事件。どうやって大団円にもっていくのかと思いながら読んでいましたが、そこは赤川次郎さん。思いもよらぬ結末が待っていました。


幽霊法廷
文藝春秋
2013-02-08
赤川 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック