【読書】赤川次郎『三姉妹、恋と罪の峡谷 三姉妹探偵団25』

笠原インダストリーのワンマン社長・笠原雄一郎が殺害された。
娘の家庭教師・丸山が犯人だと疑われて身柄を拘束されるが、アリバイがあったことがわかり、すぐに釈放される。

一方、笠原亡き後の会社では、誰が社長の座に就くかで水面下のせめぎ合いが続く。

笠原インダストリーの後継ぎ問題に加え、夕里子の恋人・国友を巡ってライバルが出現したり、夕里子が所属する合唱団のクリスマスコンサートの練習にヤクザが乱入したり、珠美はチンピラに襲われかけたりと、いつも以上のドタバタ劇が繰り広げられます。


私にとって、この「三姉妹探偵団シリーズ」は特別な思い入れのあるシリーズです。
以前にも書いたことがあるのですが、初めて読んだ大人向けの小説(?)がこの「三姉妹探偵団シリーズ」なんです。
当時、小学校の中学年だったと思うのですが、江戸川乱歩の「少年探偵シリーズ」を一通り読んだあと、姉の部屋にあった「三姉妹探偵団シリーズ」を、同じ”探偵団”繋がりというだけの理由で読み始めたのが初めてでした。

その「三姉妹探偵団シリーズ」も25弾。数ある赤川次郎さんのシリーズの中でも長寿の部類に入りますね。

三姉妹、恋と罪の峡谷 三姉妹探偵団(25) (講談社ノベルス)
三姉妹、恋と罪の峡谷 三姉妹探偵団(25) (講談社ノベルス)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント