【読書】赤川次郎『記念日の客』

赤川次郎さんの『記念日の客』を読みました。

会社を定年退職した水田は、その日の夜に23歳年下の2人目の妻・果梨から子供ができたことを告げられます。
妻の口利きで水田が再就職したのは、タレントのマネージャー!
まったくの門外漢のように思えた仕事だが、四十年近いサラリーマン生活で身につけた処世術を駆使して、担当したタレント・五代ユリを人気タレントへと押し上げていきます。
一方、プロダクションには暴力団組長の息子が所属していて、次々と問題を起こしていきます。

次々と起きる問題を解決していったり、チャンスを掴んでいったり…
サラリーマンを勤め上げた人ならではの処世術が活きています。
一方、私はどうなのかというと… 箸にも棒にもかかっていなくて悲しくなってしまいます。

最後までなんだかんだとあったものの、ほんのりと温かみのある終わり方で、私好みでした。

記念日の客 (双葉文庫)
記念日の客 (双葉文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント