【クルマ】ホンダ『フリード』にクロスオーバースタイルのモデルを追加

9/20、ホンダが10/18にマイナーチェンジを予定している新型『フリード』と『フリード+』の概要を発表しました。

まず、注目なのがエクステリアにクロスオーバースタイルを適用したモデル「クロスター」の追加。
専用デザインのフロントグリルやサイドシル、前後バンパー、アルミホイールなどが与えられている。

標準モデルについてもフロントグリルやバンパー、ボンネットフード、ロワグリルなどの形状が変更されています。


それにしても、ミニバンでクロスオーバースタイルというのはちょっと盲点を突かれました。
確かに、三菱『デリカ D:5』はSUVなのかミニバンなのかわからないような車ですが、あの車は特殊なものだと思っていました。

今回発表された「クロスター」は、オフロードの走破性こそさほどないものの、エクステリアはタフな印象を醸し出していますし、もともとミニバンなのですから荷物の積載性も十分です。
さらに、2人くらいなら車中泊もいけそうです。

アウトドアで積極的に使用しない方でも、人とは違った『フリード』が欲しいという方には良いモデルかも知れません。

ニューモデル速報 第541弾 新型フリードのすべて
ニューモデル速報 第541弾 新型フリードのすべて

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント