【読書】内田康夫『上野谷中殺人事件』

内田康夫さんの『上野谷中殺人事件』を読みました。

上野不忍池のに死にある神社で、男性の絞殺死体が発見された。殺害されたのはデベロッパー関連のプランニングを行う和田史男。和田の名刺入れには五人の男性が写った写真が入れられており、その中で唯一アリバイの無かった寺山孝次に疑いの目が向けられる。
警察による厳しい取り調べに耐えられなくなった寺山は、内田康夫のところへ助けを求める手紙を寄こす。内田は浅見のところに手紙を丸投げするのだが、浅見はあまり乗り気ではない。そんな中、寺山は首を吊って自殺してしまう。


事件が起きているのか起きていないのかよくわからないまま物語が進行していきます。
そして、終盤を迎えて密室の登場。なんだか、遅れてやって来た主役のようで間が悪い感じが…

上野の再開発問題を取り上げた話ですが、登場人物も少ないし、大きな動きもないので正直読んでいて退屈しそうでした。


上野谷中殺人事件 (光文社文庫)
上野谷中殺人事件 (光文社文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント