【読書】内田康夫『喪われた道』

内田康夫さんの『喪われた道』を読みました。

浅見は甲州裏街道の取材のため青梅へ向かう途中、絞殺された虚無僧姿の男性・羽田栄三の死体遺棄現場に遭遇する。一週間経っても進まない警察の捜査に不満を持った浅見は、自ら捜査を始めるが、羽田が尺八の名曲『滝落之曲』を吹奏を拒絶していたことに注目する。
浅見は羽田が十三年前まで暮らしていたという伊豆へ向かうが…


浅見光彦はこの作品の中で膨大な量の推理を繰り広げています。仮説の上に仮説を重ねながら真相に迫っていくのです。
これぞ「浅見光彦シリーズ」の真骨頂と言えるのではないでしょうか。

いつもなら取材そっちのけで事件に没頭してしまう浅見ですが、今回は『旅と歴史』の取材内容と事件がうまく絡み合っていて面白く感じました。


喪われた道 (祥伝社文庫)
喪われた道 (祥伝社文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント