【読書】赤川次郎『いつか他人になる日』

赤川次郎さんの『いつか他人になる日』を読みました。

早坂久雄ら5人は、3億円強盗に成功します。
金を均等に分けて部屋を出て行ったあとは、他人になる。それが決まり事でした。
しかし、運命のいたずらで、5人の人生が複雑に絡まり始める…


盗んだお金では幸せになれないというのが結論なのですが、赤川次郎さんらしく、それまでの展開がてんやわんや。
これだけの話をよくまとめ上げたなぁと、いつもながら感心してしまいました。

いつか他人になる日 (角川文庫)
いつか他人になる日 (角川文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント