【クルマ】[SUPER GT]2020年シーズンのGT500車輌が発表

SUPER GT、2020年シーズンに参戦するGT500車輌が発表されました。

車輌の基部となるモノコックを3年間使用しなければならないルールなどがあるため、3年ごとに大きく変更が加えられるGT500車輌ですが、来年はトヨタ(現レクサス)とホンダに特に大きな変更が見られそうです。

まず、2006年からレクサスブランドでSUPER GTに参戦していたトヨタですが、2020年シーズンから再びトヨタとして参戦します。ベース車輌は今年2019年に復活した『スープラ』を使用します。

そして、もう1社がホンダ。
2019年シーズンまで、ベース車輌の『NSX』に合わせてミッドシップにエンジンを搭載して参戦していたのですが、ルール改正によりフロントエンジン、リアドライブ(FR)の車輌として2020年シーズン以降を戦うことになりました。
2010~13年に『HSV-010 GT』でFR車輌での参戦経験があるとはいえ、久々のFR。ちょっと苦戦が予想されますね。
あと、発表された車輌にはリアの大型エアインテークが残っているんですよね。これは何のためにあるんでしょう…?

残りの1社、日産は13年目となるR35型の『GT-R』。
正常進化型で臨むシーズンになりそうです。

トミカ No.117  トヨタ GR スープラ (箱)
トミカ No.117 トヨタ GR スープラ (箱)
トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)
トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)
トミカ No.78 日産 GT-R NISMO 2020 モデル(箱)
トミカ No.78 日産 GT-R NISMO 2020 モデル(箱)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント