【読書】内田康夫『風葬の城』

内田康夫さんの『風葬の城』を読みました。

会津漆器の工房で、漆器職人の平野浩司が毒物によって死亡した。第一発見者となった浅見が捜査に乗り出すも、今度は東京から駆けつける途中の平野の息子・洋一が行方不明になってしまう。


ストーリーはわかりやすく、早い段階で物語の骨子ができあがり、そのあとは周囲に肉を付けていくだけといった感じです。

この作品で内田康夫さんは新たな試みをしていて、プロローグとエピローグ以外は、浅見光彦以外の視点で物語が書き進められています。
当然、その中には真犯人の視点で書かれた部分もあり、読み返してみると、なるほどなとうならされたりします。


風葬の城 (祥伝社文庫)
風葬の城 (祥伝社文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント