【読書】内田康夫『怪談の道』

内田康夫さんの『怪談の道』を読みました。

動燃――動力炉・核燃料開発事業団の取材で倉吉を訪ねた浅見は、後輩の新聞記者の紹介で異父姉妹と出会う。そして、妹の大島翼から父が死んだのは殺人事件に巻き込まれたためではないかと相談を受ける。父親が遺した電話の録音テープには「カイダンの道」という言葉が遺されていた。
動燃の取材記事そっちのけで事件に取り組み始めた浅見だが、今度は姉の脇本優美の父親が殺害されてしまう。


他の作品でも散見されるように、この作品でも犯人は法の裁きを受けることなく自ら死を選んでいる。
事件の謎を解いて犯人を追い詰めた浅見の好奇心はそれで満たされるかも知れませんが、遺族など事件の関係者にとっては未来永劫真実は闇の中となってしまいます。
こういったけじめの付け方が本当に正しいのか時にわからなくなってしまいます。


怪談の道 (角川文庫)
怪談の道 (角川文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント