【読書】内田康夫『イーハトーブの幽霊』

内田康夫さんの『イーハトーブの幽霊』を読みました。

北上川沿いにある“イギリス海岸”で花巻市内に住む郡池充の水死体が見つかった。郡池は頭を殴打された後、川に落とされたらしい。続いて花巻祭りが始まった日の夜、市内を流れる豊沢川で変死体が見つかった。死んでいたのは郵便局長をしている代田聡だった。
花巻祭りの取材で花巻市を訪れていた浅見だが、二つの事件は宮沢賢治にまつわる事象が関係していると考え、滞在期間を延ばして事件の捜査に乗り出す。


大辞林によると、イーハトーブとは宮沢賢治が『注文の多い料理店』の広告で使った語。一説に「岩手」をエスペラント風に発音したところからの命名とも言われる。①宮沢賢治の心象中に存在した理想郷の名。②岩手県の美称。とされています。
本作品は岩手県の花巻が舞台となっており、浅見は『旅と歴史』から依頼された花巻祭りの取材だけでなく、宮沢賢治についても取材を行うことを目的に花巻を訪れています。

事件の状況も宮沢賢治にちなんで、イギリス海岸、毒もみのすきな署長さん、銀河鉄道の夜の見立て殺人となっています。


イーハトーブの幽霊 (光文社文庫)
イーハトーブの幽霊 (光文社文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント