【読書】赤川次郎『血を吸う花嫁』

赤川次郎さんの『血を吸う花嫁』を読みました。 「お願いがあるんですが――私があの手すりの所に立ちますので、お手数ですが、ちょっと押していただけませんでしょうか」 恋人の谷山とドライブに来ていた塚川亜由美に声をかけてきた男は、「これは事故なんです」と言い残して崖から飛び降りていった。 そして、その男の妹も団地の公園で血を抜かれて…
コメント:0

続きを読むread more