【読書】赤川次郎『迷子の花嫁』

赤川次郎さんの『迷子の花嫁』を読みました。 塚川亜由美の先輩・前田小夜子は、独身時代最後の思い出作りにと女性たちで大騒ぎ。 翌朝二日酔いの頭で目を覚ますと、隣にはカッと白目をむいた白髪の男性が。 しかし、翌日の結婚式場で小夜子は死んだはずの内山広三郎とすれ違う。 死んだはずの人間が生きていた!となれば、真っ先に疑うのは替…
コメント:0

続きを読むread more