【読書】内田康夫『蜃気楼』

内田康夫さんの『蜃気楼』を読みました。

富山の薬売りの取材のために富山を訪れた浅見だが、偶然取材を申し込んだ売薬さん・梶川尋助が舞鶴で殺害されてしまう。
捜査に進展が見られないのを見かねた浅見は梶川の孫の梶川優子共に事件の真相に挑む。


梶川のお得意先を優子と共に廻ったりと、前半はとにかく地道な捜査が続きます。
犯人の後ろ姿さえ見えないまま物語は終盤へと雪崩れ込んでいきますが、浅見の地道な捜査が真綿でじわじわと犯人の首を締め付けていったのか、第二の殺人、第三の殺人が立て続けに発生して、連続殺人事件は大きな局面を迎えることになります。

『讃岐路殺人事件』では瀬戸大橋初の自殺者を、『しまなみ幻想』ではしまなみ海道初の自殺者を持ち出した内田康夫さんですが、この作品ではレインボーブリッジ初の自殺者(?)を登場させています。
長大吊橋ができると人を落としたくなるのはこの作家のサガなのだろうかと、あらぬことが頭を過ってしまいました、


蜃気楼 (講談社文庫)
蜃気楼 (講談社文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント