【読書】内田康夫『姫島殺人事件』

内田康夫さんの『姫島殺人事件』を読みました。

浅見が姫島の取材中に出会った本庄屋の息子・属優貴雄が殺害された。属は土産物屋の娘・中瀬古朝子に言い寄っており、浅見にも朝子に手を出すなと脅しをかけていた。
さらに、米軍基地移設問題を取材していたカメラマン・浦本智文が水死体で発見され、浅見は姫島へと舞い戻る。


一件目の殺人事件の捜査が行き詰まる中、二件目の事件の概要が早い段階で明らかになったのには驚かされました。
浅見は最後にまとめて謎解きをするというイメージが強いだけに、新鮮な展開でした。

一方、最後まで難航した一件目の事件は、最後の最後でどんでん返しが…
西村京太郎氏を彷彿とさせるアリバイトリックを崩したと思いきや…
結果、またしても犯人の出処進退を当人に委ねることになってしまったが、もし最初の推理が当たっていたとしたら、過去最大の悲劇を背負ったヒロイン誕生となってしまいかねないため、どういう処置を執るつもりだったのか興味が尽きません。


姫島殺人事件 (角川文庫)
姫島殺人事件 (角川文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント