【読書】内田康夫『遺骨』

内田康夫さんの『遺骨』を読みました。

淡路島に向かうフェリーを待つ列の中で浅見が出会った龍満智仁(たつみともひと)が、東京の自宅近くで何者かに刺されて死亡してしまう。さらに、龍満の部下の田口信雄が足尾で殺害される。


この作品では脳死を人の死とすることや、臓器移植について取り上げられています。
臓器移植あっての脳死判定ではないのかなど、世論を二分したこの問題は、結局エピローグにあるように、臓器移植を行う場合に限ってのみ脳死を人の死とするという法律に落ち着きました。
この問題について浅見は反対の意向を示しますが、その理由が浅見らしくて面白いです。


遺骨 「浅見光彦」シリーズ (角川文庫)
遺骨 「浅見光彦」シリーズ (角川文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント