【クルマ】ル・マンとデイトナの相互参戦が可能に

ル・マン24時間レースを主催するASOフランス西部自動車クラブと、デイトナ24時間レースを主催するIMSA国際モータースポーツ協会が、WEC世界耐久選手権とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰カテゴリーの統合プラットフォームを採用することで合意しました。
これが実現すれば、将来、両シリーズへの相互参戦が可能になることになります。

『LMDh(ル・マン・デイトナ・h)』と名付けられた新しいトップカテゴリーのプラットフォームを、WECではル・マン・ハイパーカー規定の2シーズン目となる2021年9月から、IMSAでは2022年1月の新シーズンから導入することを目指しています。


ル・マン24時間 2019 【特別付録】両面 ポスター (auto sport 特別編集)
ル・マン24時間 2019 【特別付録】両面 ポスター (auto sport 特別編集)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント