【読書】内田康夫『はちまん』

内田康夫さんの『はちまん』を読みました。

雑誌『旅と歴史』の取材で信州の中野を訪れたカメラマンの小内美由紀は、自分の名前と同じ名前をもつ小内八幡宮で飯島昭三という老人に出会うが、その後、飯島が秋田県金浦町で殺害されているのが発見される。
さらに、美由紀の婚約者の松浦が赴任先の高知で危うく事故に見せかけて殺害されそうになる。


犯人たちが飯島昭三を殺害することにな経緯から物語が始まるという、極めて異例の書き出しとなっています。
犯人がわかっていて読むのにも関わらず、飽きるどころか、むしろぐいぐいと惹きつけられるような文章に舌を巻きました。


はちまん上 (徳間文庫)
はちまん上 (徳間文庫)

はちまん下 (徳間文庫)
はちまん下 (徳間文庫)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント