【読書】内田康夫『黄金の石橋』

内田康夫さんの『黄金の石橋』を読みました。

テレビドラマで浅見光彦役を演じている絵樹卓夫の母のところに「金のことを書いた書類はどこだ」と訊ねる電話が繰り返しかかってくるという。軽井沢のセンセから依頼を受けた浅見は、ちょうど取材で訪れるルート上に絵樹の母の家があるということで、簡単に引き受けてしまう。
鹿児島に着いた浅見は、『旅と歴史』編集長の藤田から託かった封筒を大学生の緩鹿智美に手渡すが、智美のボーイフレンド・新田翔の父親が殺害され、新田に容疑がかかってしまう。


プロローグを除き、浅見の一人称の形で物語が書かれています。
このスタイルを取るのは『坊っちゃん殺人事件』、『記憶の中の殺人』に続いて三作品目ですね。
浅見の眼を通して見ることにより、読者は浅見とフェアな立場で事件を見ることができます。つまりは読者への挑戦とも受け取ることができます。
その中で、最後に浅見が言い当てる犯人とは…


黄金の石橋
黄金の石橋

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

読書とクルマと時々私 - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント