【読書】内田康夫『風のなかの櫻香』

内田康夫さんの『風のなかの櫻香』を読みました。

産まれてすぐに捨て子になった櫻香は、尼寺に引き取られて成長した。しかし、中学生になった櫻香の周囲には不穏な男女の影が。尼寺から依頼を受けた浅見は、櫻香の警護にあたることになるが、そんな矢先、櫻香につきまとっていた男性が名張市の山中で殺害されてしまう。
櫻香の出生の秘密を辿っていた浅見だが、ついに櫻香が誘拐されてしまう。


浅見光彦シリーズで唯一、ヒロインの名前がタイトルについた作品となっています。

奈良の高名な尼寺が舞台ということで、歴史や文化遺産にまつわるミステリーになるのかと思いきや、物語の中心は殺人と櫻香の誘拐事件となっています。
殺人や誘拐というと、俗物的な犯罪を思い浮かべますが、その裏には複雑な人間関係と犯人の葛藤が隠されています。


風のなかの櫻香 (徳間文庫) - 内田 康夫
風のなかの櫻香 (徳間文庫) - 内田 康夫

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント