【読書】赤川次郎『花嫁は歌わない』

実家にあった大量の赤川次郎本を読み返し中です。

今回は『花嫁は歌わない』を読みました。

塚川亜由美の親友、佐伯久恵が不倫の恋に悩んだ末、自殺してしまった。
さらに、ビジネスホテルで殺害された主婦が久恵の名前をメモ用紙に書き残していた。
2つの事件が、とある団地で発生している恐喝事件と関係していると予想した亜由美は、若手の刑事と2人で潜入捜査を始める。


主人公を塚川亜由美に戻してのシリーズ3作目となります。

短編故の少々強引な導入で始まりますが、その後は複雑すぎないストーリーで読みやすいです。
後の作品でも話題に上る亜由美の「武勇伝」が見られるのもこの作品となっています。

改めてキャラクター設定がなされていたり、次作品以降への伏線が用意されていたりと、赤川次郎さんが、亜由美を主人公とした「花嫁シリーズ」を展開することを決めたんだなぁと感じられた作品でした。


花嫁は歌わない (角川文庫) - 赤川 次郎
花嫁は歌わない (角川文庫) - 赤川 次郎


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント