【クルマ】次に所有したいクルマ

今は実家に住んでいるため、所有していたアルファ ロメオ『147』は処分してしまい、必要なときだけ父親のホンダ『N-BOX 』を借りて使っています。

でも、根っからのクルマ好きとしては、やはり、次の車を何にしようかなぁという考えが頭の中を駆け巡っているのですよ。

そこで、私が今乗りたいクルマをご紹介。


1位はスバル『レヴォーグ』

これまでコンパクトカーに乗り、SUVに乗り、ハッチバックにも乗ってきたのですが、走りの楽しさを大きく犠牲にすることなく、荷物も詰めるクルマとなると、ワゴンに辿り着いたんです。
でも、ただワゴンであればいいということではなくて、運転していて楽しいクルマがいいんです。
できればMT、それが叶わなくても、マニュアルモード+パドルシフトが欲しいなぁと…
また、走行性能に自信を持っている『レヴォーグ』は、第1候補に挙がるのなかなぁ思っています。

『レガシィツーリングワゴン』がモデルチェンジを繰り返す度に大型化していったことから、日本の道路事情に合わせたサイズのツーリングワゴンを、ということで生まれた『レヴォーグ』ですが、私個人としても、サイズはピッタリだと感じています。
あとは、年内にも予想されているフルモデルチェンジで、コンセプトが大きく変わらないことを祈るばかりです。

ニューモデル速報 第496弾 スバル・レヴォーグのすべて - 三栄書房
ニューモデル速報 第496弾 スバル・レヴォーグのすべて - 三栄書房


2位はボルボ『V60』

ボルボに乗ることが20年来の夢なんです。
本当は、『V40』を挙げたかったのですが、残念ながら昨年です製造中止になってしまったので、もう1つ大きな『V60』を。
それでも、全幅は1885mmと、なんとかなる大きさかなぁと…

世界一安全なクルマと呼ばれた時代があったボルボのクルマ。安心して運転できるというのは、何にも代え難い価値だと思うんですよね。

Vol.65 ボルボV60 のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報 インポートシリーズ)
Vol.65 ボルボV60 のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報 インポートシリーズ)


3位はマツダ『マツダ3』

軽自動車に慣れてしまうと、コンパクトな車の取り回しのしやすさが快適に感じてきます。
そこで、荷物を載せるという部分をある程度斬り捨て、高速巡航が楽で、大人4人が乗れる車と考えると、この車になりました。
パドルシフトも用意されているようだし、走りの楽しさという点でも犠牲になっていない車なのかなぁと考えています。

ニューモデル速報 第585弾 マツダ MAZDA3のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
ニューモデル速報 第585弾 マツダ MAZDA3のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)


番外編:スバル『インプレッサ』
『マツダ3』を挙げてしまうと、もう1台気になってしまうのがスバル『インプレッサ』です。
私がイメージする、WRC参戦時代の『インプレッサ』とは随分変わってしまいましたが、なぜスバルユーザーがスバル車にハマってしまうのか、その理由を知りたいなぁと思い、番外編として挙げさせていただきました。
トヨタ、ホンダ、三菱、アルファ ロメオと乗ってきたからには、どこかでスバル車に乗っておかないと、自分の「愛車遍歴」を締めることはできないだろうと思いまして…

ニューモデル速報 第543弾 新型インプレッサのすべて - 三栄書房
ニューモデル速報 第543弾 新型インプレッサのすべて - 三栄書房


ただ、現状から一気にこれらのクルマにジャンプするのは難しいかな?と、考えています(特に上の2つは)。
まずは、今の状況から這い出ること。それから自分の位置を確立していくこと…
道は長そうですが、必ず日の当たるところに出てみせるぞ!と思うのでした。


IMG_4373.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント