【読書】東野圭吾『犯人のいない殺人の夜』

東野圭吾さんの『犯人のいない殺人の夜』を読みました。 表題作の『犯人のいない殺人の夜』を含め、7編の短編が収められています。 どの作品も比較的ストレートな展開なのですが、なぜか意外な犯人に辿り着きます。その自然なストーリーの流れがさすが。 どこか物悲しい余韻が残る結末も共通しているでしょうか。 『犯人のいない殺人の夜』は…
コメント:0

続きを読むread more