【読書】内田康夫『喪われた道』

内田康夫さんの『喪われた道』を読みました。 浅見は甲州裏街道の取材のため青梅へ向かう途中、絞殺された虚無僧姿の男性・羽田栄三の死体遺棄現場に遭遇する。一週間経っても進まない警察の捜査に不満を持った浅見は、自ら捜査を始めるが、羽田が尺八の名曲『滝落之曲』を吹奏を拒絶していたことに注目する。 浅見は羽田が十三年前まで暮らしていたとい…
コメント:0

続きを読むread more