【読書】内田康夫『斎王の葬列』

内田康夫さんの『斎王の葬列』を読みました。 鈴鹿山脈特有の叩きつけるような雨が降った夜、野元末治が御古址(おこし)の森で倒れてきた鳥居の下敷きになって死亡した。 三十四年後、天皇の名代として伊勢神宮に仕える皇女・斎王をモデルにした映画のロケが行われるが、ロケ地近くで殺人事件が発生し、ロケ隊のメンバーに容疑がかかる。浅見は学友で劇…
コメント:0

続きを読むread more