【読書】内田康夫『怪談の道』

内田康夫さんの『怪談の道』を読みました。 動燃――動力炉・核燃料開発事業団の取材で倉吉を訪ねた浅見は、後輩の新聞記者の紹介で異父姉妹と出会う。そして、妹の大島翼から父が死んだのは殺人事件に巻き込まれたためではないかと相談を受ける。父親が遺した電話の録音テープには「カイダンの道」という言葉が遺されていた。 動燃の取材記事そっちのけ…
コメント:0

続きを読むread more