【読書】内田康夫『幸福の手紙』

内田康夫さんの『幸福の手紙』を読みました。 旅行案内書の編集者・中村典子のもとに「不幸の手紙」が舞い込む。その直後、取材先で一緒になった女性週刊誌の記者・長谷が殺害されてしまう。典子が最後に会った時、長谷は北海道で見た「半分の馬」のところで会った人物のことを気にしていたという。  「半分の馬」とは何なのか? 長谷が「半分の馬」を…
コメント:0

続きを読むread more