【読書】内田康夫『華の下にて』

内田康夫さんの『華の下にて』を読みました。 京都で殺害されたルポライターの代わりに国際生花シンポジウムの取材で京都を訪れた浅見ですが、新進華道家牧原良毅の秘書中瀬信夫がホテルの部屋で殺害されているのを発見します。 浅見は牧原から中瀬の事件を調査して欲しいと依頼され、京都の華道界に潜む謎に迫ります。 この作品、個人的には…
コメント:0

続きを読むread more