【読書】内田康夫『蜃気楼』

内田康夫さんの『蜃気楼』を読みました。 富山の薬売りの取材のために富山を訪れた浅見だが、偶然取材を申し込んだ売薬さん・梶川尋助が舞鶴で殺害されてしまう。 捜査に進展が見られないのを見かねた浅見は梶川の孫の梶川優子共に事件の真相に挑む。 梶川のお得意先を優子と共に廻ったりと、前半はとにかく地道な捜査が続きます。 犯人の…
コメント:0

続きを読むread more