【読書】内田康夫『崇徳伝説殺人事件』

内田康夫さんの『崇徳伝説殺人事件』を読みました。 天皇家にまつわる怨霊伝説を求めて京都を訪れた浅見は、見知らぬ女性からフィルムを託される。どうやら待ち合わせの相手を間違えたらしい。東京に帰った浅見がフィルムを現像してみると、そこには額を割られた老人の遺体が写っていた。その直後、浅見にフィルムを託した女性が待ちあわせていたと思われる…
コメント:0

続きを読むread more