【クルマ】プジョーが新型『208』、『e-208』を発売

7/2、プジョーが新型『208』と、そのEV版『e-208』を発売しました。 ボディサイズは全長×全幅×全高=4095×1745×1445mmとなっており、従来型より120mm長く、5mm幅広く、25mm低くなっています。 『208』のパワートレインは最高出力100馬力、最大トルク205N・mの1.2L 直列3気筒ターボエン…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『贄門島』

内田康夫さんの『贄門島』を読みました。 千葉県大原町で行われるはだか祭りの取材に訪れた浅見は、同業者の平子裕馬と出会う。平子の高校時代の友人が時化の海に単独で漁に出て帰らぬ人になってしまったという。さらに、他にも死亡事故が続いたという。 はだか祭りの翌日、浅見は父・秀一が生前海難事故に逢ったときにお世話になった人物にお礼を言うた…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】[ハーゲンダッツ]『ザ・キャラメル』

1/28に発売されたハーゲンダッツ・クリスピーサンドの新商品『ザ・キャラメル』を食べました。 (8/18に発売された期間限定商品『ヘーゼルナッツプラリネショコラ』と間違えて買ったのはナイショです) 『ザ・キャラメル』という商品名から、もっと甘ったるいキャラメル味を想像していたのですが、食べてみると案外あっさり。 夏の暑…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『しまなみ幻想』

内田康夫さんの『しまなみ幻想』を読みました。 村上咲枝の母・美和はしまなみ海道の橋の上から転落死した。実家の老舗和菓子屋の経営不振によるノイローゼが原因とみられたが、咲枝は母の死に疑問を抱く。 咲枝は平塚亭で浅見と出会うが、その直後に愛媛県新居浜市の山道で車が転落し、女性が死亡した。この女性こそが咲枝の母を最後に目撃した人物であ…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】フォルクスワーゲン新型SUV『Tロック』を発売

フォルクスワーゲンが新型コンパクトクロスオーバーSUV『Tロック』を発売しました。 ボディサイズは全長×全幅×全高=4240×1825×1590mm。 『ティグアン』と『Tクロス』の中間に収まるサイズとなっています。 パワートレインは最高出力150馬力、最大トルク340N・mの2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジンに7…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『中央構造帯』

内田康夫さんの『中央構造帯』を読みました。 阿部奈緒美が勤める日本長期産業銀行には「将門の椅子」とよばれる席があり、この席に座った人が相次いで不審死を遂げている。そして、奈緒美が恋した田中誠一が殺害されてしまった。そんな時、奈緒美は大学の同窓生である浅見と出会う。 さらに、茨城県の将門川で自殺者が出たが、これらの事件は平将門の呪…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】佐藤琢磨選手がインディ500を2度目の制覇!

8/23に開催された世界三大レースのひとつ、インディアナポリス500マイルレース(インディ500)で、佐藤琢磨選手が自身2度目の優勝を果たしました。 104回を数える歴史の中で、複数勝利を挙げたのはわずか20人。 佐藤琢磨選手はその中の1人になったわけです。 初優勝は3年前。 名門チーム「アンドレッティ・オートスポート」…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『箸墓幻想』

内田康夫さんの『箸墓幻想』を読みました。 邪馬台国の研究に生涯を捧げた考古学界の権威小池拓郎が殺害された。その直後、小池が発掘の指揮を執っていたホケノ山古墳から画文帯神獣鏡が見つかった。 浅見は小池が寄宿していた当麻寺の住職に依頼され、事件の解明に乗り出す。浅見は小池が残した一通の古い手紙と写真を手掛かりに捜査を進める。 …
コメント:0

続きを読むread more

【その他】1000個目の記事

どうやら、この記事が1000個目の記事になるようです。 2017年11月10日にブログを書き始めてから3年弱。 思っていることを自由に書ける場が欲しいなぁと思って始めたこのブログですが、なかなか思うようにいきません。 テーマを絞れば、もっと見やすいブログになるのかなぁとも思うのですが、それだと、「自由に書く」という部分が犠…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『鯨の哭く海』

内田康夫さんの『鯨の哭く海』を読みました。 浅見は捕鯨に関する取材のために和歌山県太地町を訪れる。 「くじらの博物館」で漁の様子を紹介する模型を見つめ、笑みを浮かべた女性の視線の先には背中に銛が刺さった漁師の人形があった。しかも、二年半前に同じような殺人があったのだという。 さらに、「くじらの博物館」で見た女性は六年前に心中し…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】気になるキーボード

今、気になっているキーボードがあります。 それがこちら。 エレコム トラックボール付キーボード ワイヤレス (レシーバー付属) プレミアムメンブレン キー割り当て リストレスト ブラック TK-TB01DMBK トラックボール内蔵のキーボードです。 マウスが傷んできたので買い換えようかなぁと思って、前々から気にな…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『不知火海』

内田康夫さんの『不知火海』を読みました。 雑誌編集者の坂本は、アパートの隣人・米村から木箱を預かる。一向に取りに来る気配がないため開封してしまうが、中には人間の頭蓋骨が入っていた。扱いに困った坂本は頭蓋骨を浅見に預けるが、空き巣に入られてしまう。さらに、過去に仕事を世話したことで交流深めるあるモデルの西島千恵が行方不明になってしま…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】トム・クランシー『米中開戦』

トム・クランシーの『米中開戦』を読みました。 米中関係の緊張が高まっている今、『米露開戦』でロシアのウクライナ侵攻を言い当てたトム・クランシーが、『米中開戦』でどのような「予想」を立てているのかと思い、この本を紐解いてみました。 『米中開戦』の中でトム・クランシーが挙げているのは、中国の南シナ海への侵攻、香港基本法を廃止…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『貴賓室の怪人「飛鳥」編』

内田康夫さんの『貴賓室の怪人「飛鳥」編』を読みました。 浅見の元に、日本最大の豪華客船「飛鳥」で、世界一周の取材旅行をするという仕事が舞い込んだが、「飛鳥」では「貴賓室の怪人に気をつけろ」という手紙が浅見を待ち受けていた。 寄港地の香港を出航した三日後、浅見と同室で、香港で下船した後行方不明になっていた村田の死体が船内の遺体安置…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】ベントレー『ミュルザンヌ』が生産終了

6/25、ベントレーが『ミュルザンヌ』の最後の1台をラインオフしたと発表しました。 『ミュルザンヌ』はベントレーのフラグシップモデルとなるラグジュアリーリムジンで、10年以上の間に7300台以上が生産されました。 『ミュルザンヌ』の生産終了に伴い、60年以上生産され続けたベントレーの象徴とも言える6.75L V型8気筒エンジ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『秋田殺人事件』

内田康夫さんの『秋田殺人事件』を読みました。 兄・陽一郎からの依頼で秋田県の副知事・望月世津子の私設秘書となった浅見だが、秋田県では県の第三セクターである建設会社が残した膨大な債務と欠陥住宅の問題が吹き荒れていた。世津子の就任と時を同じくして、県庁の職員が不審死を遂げるが、警察は早々に自殺と結論づけてしまう。 警察の捜査…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】トミカにトヨタ『RAV4』が登場

毎月第3土曜日は「トミカの日」です。 今月のトミカはトヨタ『RAV4』と、スズキ『ハスラー 消防指令車』の2台です。 『RAV4』は、初回特別仕様として、ボディーカラーが青の車も用意されています。 トミカ No.81 トヨタ RAV4 (箱) トミカ No.81 トヨタ RAV4 (初回版) トミカ N…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『ユタが愛した探偵』

内田康夫さんの『ユタが愛した探偵』を読みました。 暴露雑誌を刊行する会社の社長・風間了が沖縄で死亡しているのが発見された。浅見は風間の会社の社員に依頼されて事件を解き明かすために沖縄へ向かう。 風間は生まれながらに霊能力を持つ女性・式香桜里を追って沖縄を訪れたと考えられたが、香桜里は風間とは会っていないと言う。 浅見は香桜里の…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】[ハーゲンダッツ]『コーヒークッキーサンデー』

7/14に発売されたハーゲンダッツの期間限定商品『コーヒークッキーサンデー』を食べました。 ほろ苦いコーヒー風味のアイスクリームに、チョコレートクッキーが良いアクセントになっています。 もうひとつ、塩チョコレートソースが売りになっていて楽しみにしていたのですが、私にはソルティ感は感じられませんでした。 にほんブ…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『氷雪の殺人』

内田康夫さんの『氷雪の殺人』を読みました。 浅見は北海道沖縄開発庁長官の秋元康博と利尻島で密かに面会する。秋元は二カ月前に利尻富士の登山道で東京都の会社員・富沢春之が自殺した件について、事件性がないか調べなおして欲しいと浅見に要望した。 浅見が富沢の足跡を辿ったところ、カルチャーセンターに「プロメテウスの火矢は氷雪を溶かさない」…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】アルピナが『XB7』を発表

5/19、アルピナが高性能3列シートSUV『XB7』を発表しました。 アルピナはもともとBMWの公認チューナー(さらに遡ればタイプライターなどの事務機器メーカー)でしたが、1983年に自動車メーカーとして正式に登録され、以来BMW車をベースにした独自モデルの生産も行っているメーカーです。 年間生産台数は約1400台。そのうち2割…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『黄金の石橋』

内田康夫さんの『黄金の石橋』を読みました。 テレビドラマで浅見光彦役を演じている絵樹卓夫の母のところに「金のことを書いた書類はどこだ」と訊ねる電話が繰り返しかかってくるという。軽井沢のセンセから依頼を受けた浅見は、ちょうど取材で訪れるルート上に絵樹の母の家があるということで、簡単に引き受けてしまう。 鹿児島に着いた浅見は、『旅と…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】トヨタ、レクサスのSUVを小さい順に並べてみた

暇だったので、現在国内で販売されているトヨタ、レクサスのSUVを小さい順に並べてみました。 グレードごとに記載すると暇つぶしどころの騒ぎではなくなるので、最上位グレードのみを記載しています。(特別仕様車やロングボディをのぞく) ■『ライズ』 2019年11月に発売された小型クロスオーバーSUV。 ダイハツ工業製のOEM車…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『はちまん』

内田康夫さんの『はちまん』を読みました。 雑誌『旅と歴史』の取材で信州の中野を訪れたカメラマンの小内美由紀は、自分の名前と同じ名前をもつ小内八幡宮で飯島昭三という老人に出会うが、その後、飯島が秋田県金浦町で殺害されているのが発見される。 さらに、美由紀の婚約者の松浦が赴任先の高知で危うく事故に見せかけて殺害されそうになる。 …
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】アルピナが『D3 S』を発表

5/11、アルピナが高性能スポーツセダン/ワゴン「BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット/D3 Sツーリング アルラット」を発表し、予約受け付けを開始しました。 『D3 S』はBMW『3シリーズ』のディーゼルエンジン仕様をベースに開発された高性能モデルで、エンジンは最高出力355ps、最大トルク730N・mを発生する3.0L …
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『藍色回廊殺人事件』

内田康夫さんの『藍色回廊殺人事件』を読みました。 四国八十八ヶ寺の取材で四国を訪れていた浅見は、祖谷渓で十二年前に発生した殺人事件の話を仕入れる。 崖下への転落事故を装ったものだったが、天井に口紅で「殺される」と書かれていたのだという。 「浅見光彦シリーズ」の見所の一つが、浅見が警察庁刑事局長の浅見陽一郎の弟であるとい…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】[ハーゲンダッツ]『きなこのティラミス』

7/14に発売されたハーゲンダッツの期間限定&セブンイレブン限定商品『きなこのティラミス』を食べました。 一口上の方をすくって食べると、うん、きなことアイスクリームがよくあいます。 でも、「ティラミス」ということなので… 上から下まですくって食べると… ん? ティラミスかなぁ? おいしいのはおいしい気がする…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『鄙の記憶』

内田康夫さんの『鄙の記憶』を読みました。 地元テレビ局の通信員・久保一義が、「面白い人に会った」と言い残して寸又峡で殺害された。 七日後、寸又川にある大間ダムで男性の遺体が発見され、宿泊先のホテルの部屋からは札束が見つかるが、この男は秋田県大曲市の老女強盗殺人の容疑で指名手配されている男だった。 この作品をはじめ、この…
コメント:0

続きを読むread more

【クルマ】BMW『X3』にプラグインハイブリッドモデル

BMWのミドルサイズSUV『X3』にプラグインハイブリッドモデルが追加されました。 『X5』には設定があったプラグインハイブリッドモデルですが、今回『X3』には初めての設定となります。 『X3』では、最高出力184馬力、最大トルク300Nmの2L直4ガソリンエンジンに、109馬力、265Nmの電気モーターが組み合わされます。…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】内田康夫『遺骨』

内田康夫さんの『遺骨』を読みました。 淡路島に向かうフェリーを待つ列の中で浅見が出会った龍満智仁(たつみともひと)が、東京の自宅近くで何者かに刺されて死亡してしまう。さらに、龍満の部下の田口信雄が足尾で殺害される。 この作品では脳死を人の死とすることや、臓器移植について取り上げられています。 臓器移植あっての脳死判定で…
コメント:0

続きを読むread more

【その他】【クルマ】レゴがランボルギーニ『シアン FKP 37』を発売

6/1、レゴがランボルギーニ『シアン FKP 37』を発売しました。 モデルになったランボルギーニ『シアン FKP 37』は2019年9月のフランクフルトモーターショーで初公開されたランボルギーニ初のハイブリッドスーパーカーで、これを1/8スケールで再現。 レゴテクニックシリーズのラインナップとなっており、V型12気筒エンジ…
コメント:0

続きを読むread more