【読書】内田康夫『遺骨』

内田康夫さんの『遺骨』を読みました。 淡路島に向かうフェリーを待つ列の中で浅見が出会った龍満智仁(たつみともひと)が、東京の自宅近くで何者かに刺されて死亡してしまう。さらに、龍満の部下の田口信雄が足尾で殺害される。 この作品では脳死を人の死とすることや、臓器移植について取り上げられています。 臓器移植あっての脳死判定で…
コメント:0

続きを読むread more