【読書】内田康夫『鄙の記憶』

内田康夫さんの『鄙の記憶』を読みました。 地元テレビ局の通信員・久保一義が、「面白い人に会った」と言い残して寸又峡で殺害された。 七日後、寸又川にある大間ダムで男性の遺体が発見され、宿泊先のホテルの部屋からは札束が見つかるが、この男は秋田県大曲市の老女強盗殺人の容疑で指名手配されている男だった。 この作品をはじめ、この…
コメント:0

続きを読むread more