【読書】内田康夫『黄金の石橋』

内田康夫さんの『黄金の石橋』を読みました。 テレビドラマで浅見光彦役を演じている絵樹卓夫の母のところに「金のことを書いた書類はどこだ」と訊ねる電話が繰り返しかかってくるという。軽井沢のセンセから依頼を受けた浅見は、ちょうど取材で訪れるルート上に絵樹の母の家があるということで、簡単に引き受けてしまう。 鹿児島に着いた浅見は、『旅と…
コメント:0

続きを読むread more