【読書】内田康夫『秋田殺人事件』

内田康夫さんの『秋田殺人事件』を読みました。 兄・陽一郎からの依頼で秋田県の副知事・望月世津子の私設秘書となった浅見だが、秋田県では県の第三セクターである建設会社が残した膨大な債務と欠陥住宅の問題が吹き荒れていた。世津子の就任と時を同じくして、県庁の職員が不審死を遂げるが、警察は早々に自殺と結論づけてしまう。 警察の捜査…
コメント:0

続きを読むread more