【クルマ】ル・マン24時間レースでトヨタが3連覇

新型コロナウイルスの影響で例年より3ヶ月遅れての開催となったル・マン24時間レースで、トヨタが3連覇を達成しました。

ポールポジションを獲得したのは、小林可夢偉選手がアタックを担当したトヨタ8号車。レベリオン1号車を挟んでトヨタ8号車が3番手スタートとなりました。


予選順位どおり、7-1-8号車の順でスタートした決勝レースは、14周目に8号車がタイヤパンクチャーに見舞われ後退。

8号車はブレーキシステムに不具合を抱えながら走行を重ねていましたが、セーフティーカーランのタイミングで修復を決行。
作業に10分を要しましたが、1ラップダウンで戦列に復帰することに成功します。

順調にトップを快走する7号車にトラブルが発生したのはレースが折り返しをむかえた頃。
ターボにトラブルが出て、7周遅れの4位で戦列に復帰します。

これによって、その後トラブルなく走りきったトヨタ8号車の3連覇が達成されました。


2位がレベリオン1号車ということで、8号車にもし何かがあると…といった展開。
2016年の悪夢が頭を過りましたが、個人的には年々安心して見れるようになったかな?

中嶋一貴選手はこれでル・マン3連覇ということになりましたが、この2年はどちらかというと7号車にスピードでは負けていたように思います。
その中で勝利を拾い続けた8号車は、1度そっぽを向かれたル・マンの女神に魅入られましたね。
一方、小林可夢偉選手の乗る7号車はスピードを見せながら、どこかル・マンの女神に見放されてしまった部分がありましたね。

『TS050 HYBRID』でのル・マンは今年が最後。
来年からはハイパーカーレギュレーションでの参戦となります。
この3年の流れがどう変わるのか、楽しみですね。


タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID 2019 プラモデル 25421
タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID 2019 プラモデル 25421

TOYOTA TS050 HYBRID のすべて 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)
TOYOTA TS050 HYBRID のすべて 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)


IMG_4373.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント