【読書】内田康夫『悪魔の種子』

内田康夫さんの『悪魔の種子』を読みました。 長岡農業研究所で水稲の新品種開発を行っている上村浩が、霞ヶ浦で水死体となって発見された。直前の会議の席上、上村と激しくぶつかった西見文明に容疑がかかるが、西見に思いを寄せる諏訪由紀子は親友である浅見家のお手伝い須美子に相談を持ちかける。 浅見はさっそく捜査に取りかかるが、三週間前、秋田…
コメント:0

続きを読むread more